庭でバーベキューを楽しむためにもスズメバチ駆除をしないといけない

せっかくのバーベキューをスズメバチのせいで台無しにしたくない

スズメバチは匂いによって刺激を受けて襲いかかる

蜂が寄ってきた実例を見てみましょう

バーベキュー中に蜂による被害がどのようなものがあるか、実際に体験した人達の口コミを参考にしてみましょう。

庭でバーベキューしているときに蜂が来た!

ジュースを置いていたら蜂がきた(甘いもの大好きさん)

バーベキューでたくさんのジュースを用意すると、ジュースの周りに蜂が飛んできたのです。ジュースが入っているコップや、コップを持っている手に蜂が寄ってくることが多く、バーベキューどころではなかったです。

バーベキュー中に2~3匹来た(お肉大好きさん)

バーベキューを楽しんでいると、蜂が2~3匹ほど寄ってきて周囲を飛んでいました。近づいてきた蜂を倒すと、その蜂の仲間が集まってきたのです。そのせいで、バーベキュー中はずっと近づいてくる蜂と戦っていました。

刺激をしなければ問題ない

敵に危険を知らせる「警戒フェロモン」について

スズメバチには働きハチがいて、働きハチには警報フェロモンという臭いを出します。この臭いには仲間を呼び寄せる効果があり、多くのハチが集まってきて襲われてしまうのです。警報フェロモンは、巣に危険が迫っていることを伝えるために使用します。ですから、スズメバチは針で刺す時にこの臭いも噴射してくるので注意してください。警報フェロモンがついている相手には、威嚇せずに容赦なく襲いかかってくるのです。スズメバチは他にも様々なフェロモンを出し、臭いで仲間に報告を行なうことがあります。警報フェロモン以外に、人に危害を与えるような臭いはありません。刺激を与えなければ、スズメバチが近づくことは滅多にないです。ですが、警報フェロモンやハチが集まってくる臭いは身近にたくさんあり、それが原因でスズメバチが刺激され襲われる危険性が高くなります。刺激を与えないようにするには、臭いに関しても注意することが必要になるのです。

TOPボタン